注目を集める「HMB」とは?

キレマッスル

さらなる筋肉をつけていく上で、今注目を集めている成分HMB

 

HMBの正式名称は、『HMB(ビス-3-ヒドロキシ-メチルブチレートモノハイドレート)』と言い、アミノ酸の1種のロイシンという成分が体内で代謝されてできる物質がHMBとなります。

 

アメリカなどの海外では昔から愛用している方達も多く知名度も高く、ボディービルダー・トップアスリート達は、サプリメントを飲むことでこのHMBを摂取し、筋肉を増やすということを行っています。

 

↓おすすめのHMBサプリのランキングをまとめてみました。↓

 

1位 HMBアルティメイト

 

2位 キレマッスル

 

3位 メタルマッスルHMB

 

※残念ながら、2018年1月でメタルマッスルHMBは販売終了となってしまいました。

 

日本では2010年からHMBの販売が始まりました。
HMBという成分を知らない人達もまだ多いですが、元々海外では注目され愛用している方達も多くいたので、知名度は広がっています。

 

プロテインの場合、たんぱく質をアミノ酸に分解し、そのあとでないと筋肉に届かないのですが、HMBはアミノ酸がさらに分解された、筋肉づくりに最も重要とされる成分。
トレーニング直後に、ダイレクトに筋肉へ届くから、プロテインよりはるかに効率がいいんです。

 

しかも、サプリメントなのでプロテインのようなシェイカーも不要。
不味くもなく、超手軽に飲めるのも人気の理由です。

 

HMBアルティメイトは、大手楽天グループの楽天リサーチで満足度、信頼度、支持率ともに1位をとっているので、筋肉サプリ初心者にもおすすめです。

 

 

HMBアルティメイトの魅力

芸人No1ボディレイザーラモンHGさんが使用!!
2017年売上No1!!
初回価格なんと500円!(2カ月以降は1月6480円)
顧客満足度、信頼度、支持率がNo1!(楽天リサーチ調べ)
120日間の全額返金保証!
●プロフィットネス選手も認める筋力アップ!

 

↓HMBアルティメイトの公式サイト↓

https://shizen-labo.jp/items/hmbultimate

 

それぞれHMBの含有量に若干の差がありますが、個人的には、筋肉をつけるのにはHMBアルティメイトの1500mgで十分かなと思います!

 

HMBアルティメイトは初回以降の価格がキレマッスルより500円安く、返金保証も120日間と長いので、やはり筋肉サプリ初心者には大変おすすめできます。

 

また、HMBには副作用がないものの、一度に多く摂りすぎるとお腹が緩くなることがあると言われています。
なので、筋肉サプリがはじめての方には、HMB1500mgのHMBアルティメイトから始めて徐々に含有量が高いものに上げていく、というのが経験上おすすめです。

 

以上、私個人の感想も踏まえて、
HMBアルティメイトが一押しの筋肉サプリです!!

 

筋肉をつけるにはHMBは必要成分

ただ筋トレをすれば筋肉がつく、というわけではありません。

 

筋トレを行い、筋肉に必要な栄養をしっかり摂取することが大切です。
筋肉を増つけるために必要な栄養といえば色々ありますが、もっとも必要なのはやはり「タンパク質」でしょう。
ササミ・卵・豆腐・牛乳・ツナ等の食べ物には、タンパク質が豊富に含まれています。

 

そして筋トレを行った後は欠かせないプロテイン。
プロテインもタンパク質を豊富に含んでいて、タンパク質を手軽に摂取することができます。

 

ではどのように、タンパク質からHMBに変化していくのでしょうか?
この食事やプロテインで摂取したタンパク質が体内でアミノ酸に分解され、ロイシンという成分に変わります。
ロイシンがHMBという成分に変わり、筋肉の増強に効果をもたらします。

 

流れでいうとタンパク質⇒ロイシン⇒HMB⇒筋肉という流れでタンパク質からHMBに変化していきます。

 

ただこの流れでは、タンパク質から始まりHMBに変わるでに徐々に少なくなっていき、HMBに変化したとしても少量のHMB(ロイシン摂取量の約5%)にしか変化しません。
HMBを多く摂取しようとすると考えると、タンパク質を含む食べ物を多く摂取するか、プロテインをたくさん飲む必要があります。

 

ですが、これを毎日行うというのは簡単なことではありません。

 

そこでHMB配合サプリHMBアルティメイトを飲んでほしいんです!

 

タンパク質⇒ロイシン⇒HMB⇒筋肉という流れだと、HMBが徐々に減ってしまい効果が薄れてしまう上、トレーニング終了から時間がたってしまうので、筋肉の分解が進んでしまうんです。
HMBアルティメイトを飲めば、HMB⇒筋肉という直接筋肉に効果を発揮してくれるので、さらなる筋力アップをサポートしてくれます。

 

HMBには、筋肉増大効果の他に、筋肉分解防止の効果もあります。
筋肉をつけるにはこのHMBが必要不可欠なんです!

 

皆さんもHMBアルティメイトを飲んで、これからの筋トレをさらなる物にしてみませんか?

 

HMBとプロテイン、筋トレにはどっちも必要?

HMBの効果について説明してきましたが、筋トレには結局プロテインも必要なのでは?とか、併用したらさらに効果が増すのでは?などと考える方も多いでしょう。

 

それぞれの効果的な活用方法をまとめてみました!

 

HMBを効率よく摂取して筋肉アップを目指すならHMBサプリ

HMBを摂取することそのものが目的ならば、やはりプロテインよりもHMBがおすすめ。プロテインからもHMBを摂取することはできますが、もしプロテインから一日の推奨量である3gのHMBを摂取するとなると20杯くらい飲まなければならない計算になってしまいます。

 

筋肉をつけるには元となるたんぱく質も欠かせない!

しかし、筋肉を作るためにはたんぱく質が必要ですから、プロテインも筋トレには有効です。せっかく筋トレをしても、たんぱく質が足りなければ筋肉は作られなくなってしまいます。
特に食事でたんぱく質がしっかり摂れていないような場合には、プロテインを摂取した方が良いと言えるでしょう。

 

必要に応じてHMBとプロテインを併用してみても

もちろん、場合によってはHMBとプロテインを両方飲むのもおすすめです。ご自分の目的に合わせて、HMBが良いのか、プロテインが良いのか、それとも併用するのが良いのか決めていきましょう!

 

HMBとBCAAの違いは?

HMBと同様、BCAAも筋トレに興味のある方ならよく聞く成分ではないでしょうか。BCAAサプリなどもよく見かけますよね。では、HMBとBCAAにはどんな違いがあるのでしょうか。

 

BCAAとは?

HMBは、先ほどもお話した通りロイシンの代謝物です。
一方のBCAAはバリン、ロイシン、イソロイシンの3つの必須アミノ酸を含んでいます。

 

BCAAとはBranched Chain Amino Acidsの略。日本語では分岐鎖アミノ酸と呼ばれます。
アミノ酸は人間の体をつくるうえで大事なものであり、アミノ酸の中でも体内では合成できないものが「必須アミノ酸」です。その必須アミノ酸のうちの3つであるBCAAは、
筋たんぱく質の中の必須アミノ酸のうち約35%を占めていると言われているのです。

 

BCAAを摂取することによって筋肉の分解を防いだり、筋トレなどの疲労を軽減したりする効果、筋たんぱくの合成を促す効果があるとされています。
BCAAはサプリメント以外にも、鶏むね肉やマグロ、豚肉などの食品に多く含まれています。

 

HMBとBCAAの違いは?

HMBはロイシンそのものではなく、既にロイシンが代謝されたものです。そのためHMBをダイレクトに摂ることができ、筋肉の分解を防ぐ効果や筋肉合成促進効果がBCAAよりも高いと言われています。

 

一方のBCAAにもロイシンが含まれていますが、ロイシンから変換されるHMBはたったの5%程度です。
しかしBCAAには乳酸の生成を抑える効果などが期待できるため、疲労の軽減やトレーニングのパフォーマンスを維持するなどの点では優れています。

 

目的に合わせて、どちらを使用するか決めるのが良いでしょう。より筋肉の分解を防ぎ筋肉合成促進効果を得るというのが目的ならば、HMBがおすすめと言えます。

 

HMBの効果は?

先ほども触れましたが、HMBの主な効果は「筋肉の分解を抑制すること」「筋肉の合成を促進すること」です。これは、筋トレをする方にとっては嬉しい効果ですよね。

 

HMBが筋トレにおすすめな理由

筋トレ中にエネルギーが足りなくなると、筋肉を分解してエネルギーを作り出す現象(カタボリックと呼ばれる)が起こります。これは筋トレで筋肉を増やしたい方にとっては大問題ですよね!
このような状態を防ぐために、筋肉の分解を抑制してくれるHMBが有効なのです。
せっかく筋トレをしているのに筋肉が分解されてしまっては悲しいですよね!HMBを取り入れて、筋肉の分解を効果的に防ぎましょう。

 

さらに、効果的に筋肉の合成を促してくれる点でもHMBは有効です。頑張った筋トレの効果をきちんと得るためにおすすめの成分と言えますね。

 

HMBには副作用はある?

HMBは必須アミノ酸の1つであるロイシンの代謝物です。普段の食事でもロイシンは摂取されていますし、摂取したロイシンから体内でHMBに変換されています。

 

つまり、HMBは普段から体内でも作られているものであるため、HMBサプリを摂っても副作用は特にありません。

 

HMBを飲むタイミングはいつがおすすめ?

せっかくHMBを飲むなら、効果を得やすいタイミングで飲みたいですよね!HMBを飲むタイミングはいつが良いのでしょうか。

 

トレーニング後がおすすめ!

筋トレ後30分くらいまでの間は「ゴールデンタイム」などと呼ばれており、その時間帯にHMBを飲むのがおすすめとされています。
これは筋トレによって傷ついた筋肉が修復されやすくなるためです。

 

筋肉の分解を防ぐためにはトレーニング前も有効!

筋トレ時にエネルギーが足りなくなると筋肉を分解してしまう可能性があると先ほどお話ししました。それを防ぐためには、筋トレ前にHMBを飲むのもおすすめです。トレーニング30分くらい前に飲んでおきましょう。
HMBサプリは一日数回に分けたほうが効果的とされるため、トレーニング前と後、どちらも飲んでおきましょう!

 

ほかにおすすめのタイミングは?

就寝中には成長ホルモンが分泌されるため、寝る前のタイミングもおすすめ。さらに、胃酸に影響されず成分が吸収しやすい食後もおすすめです。

 

筋トレをしない日は?

筋トレをしない日にも、筋肉の分解を防ぐためにHMBサプリは飲んでおきましょう。タイミングは食後、寝る前などに数回に分けて飲むのが良いでしょう。

 

サプリによってはタイミングが決まっていることも。その場合は指示に従う

これまでご紹介してきたタイミングは一般的に効果的と言われているタイミングです。HMBサプリの中には、具体的に飲むタイミングが決まっているものもあります。その場合には、その指示に従って飲みましょう。

 

HMBっていつ発見された成分?

HMBは比較的新しい成分なので、今まであまり聞いたことが無かったという方もいらっしゃるかもしれませんね。いつごろ発見された成分かご存知ですか?

 

HMBはアメリカで1996年に発見された成分。アメリカでは2000年代の初めころにはすでに流行していましたが、日本では2010年ごろから使われるようになった成分です。

 

2013年に国際スポーツ栄養学会がHMBの効果に関する声明を出しており、2015年には厚生労働省によって、HMBが高齢者の筋肉量の増加等に効果があると発表されているんです!これからますます注目されていきそうな成分ですよね。

 

HMBはダイエット効果もある?

HMBにはダイエット効果があるの?という点は気になるところではないでしょうか。

 

結論から申し上げると、HMBを飲んだだけで痩せるということはもちろんありません。しかし、HMBサプリによって効果的に筋肉を増やしたり筋肉の分解を防いだりすることによって代謝をアップし、ダイエットにつなげることは可能だと言えるでしょう。

 

筋トレで筋肉を引き締めることによって、体重を落とすだけでなく美しいボディを保つことにも一役買ってくれそうですよね。

 

「HMBは効果なし」っていう噂を聞いたんだけど・・・

HMBの口コミなどで「効果が無かった」というものを見かけたことのある方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

HMBは、これまで継続してある程度のトレーニングを積んできた方には効果が表れにくいことがあるようです。しかし逆に、これまであまり鍛えた経験のない筋トレ初心者の方には効果が表れやすいと言われているんですよ!
「効果を感じなかった」という口コミは、これまでにかなりのトレーニングを積んできた方の意見かもしれません。

 

ですから、どちらかと言えばかなりトレーニングを積んできている方よりも、筋トレ初心者の方におすすめの成分と言えるかもしれませんね。

 

ただ、口コミをすべて鵜呑みにしてしまうのは危険かもしれません。HMBは飲むだけで筋肉が増強されるようなものではないからです。HMBを摂ったうえでしっかりとトレーニングを積まなければ効果は得にくいですし、なかには、さほどトレーニングをせずに「効果が無かった」などという口コミをするからも少なからずいらっしゃいます。

 

口コミをした方がどのくらいの頻度、時間でどんなトレーニングを積んだのかも読み取り、正しい判断を心掛けてください。

 

▼公式サイトはこちら▼

https://shizen-labo.jp/items/hmbultimate

おすすめ記事・サイト

注目を集める「HMB」という成分とは?記事一覧

 

筋トレを行う上で糖質をどのタイミングで摂取するべきか迷う方もいるかもしれません。そこで、糖質を摂取するタイミングをいくつか紹介していきたいと思います。筋トレ後はいつ糖質を摂取するべきか筋トレ終了から30分以内をゴールデンタイムと呼びます。ゴールデンタイムとなぜ呼ぶかというと、この時間内はテストステロンが活発に分泌されており筋肉の発達に影響を与えやすい時間だからです。このゴールデンタイムに糖質を摂取...